サク読みブログ

趣味と育児と日常のキロク、福岡から。

切実な本の収納の問題……取り出しやすさ&見やすさ重視で変えていきたい!

巣作り本能……ではないのかもしれませんが、最近またしても片付け意欲がわいてきております。
片付けというか、収納の不満点を今のうちになおしておきたい!という気持ちですね。
具体的には、本。本の収納でございます。
我が家には本(漫画、小説、児童書、レシピ本、手芸本、勉強の資料、旦那の趣味資料、詩歌集など)がたくさんあるのですが、それらすべてをほぼメタルラックに収納しております。
たびたび断捨離&収納を最適化して、なんとか見栄えよくしてきたのですが、やはり現在でもいろいろ不満点が残っております。
えー図ではわかりにくいかもしれませんが、大体の原因は100均の本収納ケース。
一般的に万能なやつ(私もそう思ってます)なのです。
メリット→本にほこり、傷、汚れがつかない。省スペースで収納可能(隙間収納に最適)、安い!
と、いろいろお得な面もあります。ただ、取り出しにくい。それだけでなかなか読みにくくなるんですよ。特に今おなかも大きいので、一番上段と、下段なんていちいち引き出すのおっくうになるんですよね。布製ケースなんで気をつけないと怪我しそうですし(本も、私も)

結局中段に並んでいる大判コミックばかり読む羽目に……
やはり本なら本らしく、ずらっと並べたい!ということで今いろいろと考え中です。憧れとしては、スライド式本棚を追加してコミックと文庫本を並べたいなあと思っているのですが、なんせお気に入りコミックが通常コミックサイズよりやや大きめのものばかり。よくあるサイズだと入らないのです。これはいろいろなパターンを検討せねば……
ただ、本当に今のうちにどうにかしたい問題ではあります。秋に入ったら書斎ももっと活用したいですし、せっかくなので防災面も気にしていきたいですしね。断捨離も進めつつ、プランをまとめていこうかと思います。今年中には本の収納を写真にとってブログにアップできるくらいにしたいですね!(あ、おしゃれ収納は目指してないのでそういう風景にはならないと思います)

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー