サクッとありのままに書いてみる、うちのこと

統合失調症持ち福岡ママの、男の子育児と考えた事と時々ガンダム。

だるいとき……気持ちの切り替えスイッチ行動&アイテム(私の場合)

今週頭から、毎日なるべく散歩しようと試みているマルキョウです。

今日は朝からPM2.5注意喚起レベルだったため、まだ外には出てないのですが。日が暮れるあたりで外に出ようかな……。なんだか昼間は日差しでだるくって、ずーっとぐだぐだしていたのでこりゃいかん!と頭に巻くタイプのアイスノン(こういうの)を巻いて、さっきいろいろ片付けてました。
真夏ほどではないけど、だるいなーってくらいの暑さにもこういう冷やすグッズは役に立ちますね。
あー面倒だなーだるいなーってときに、気持ちを切り替える何かアイテムというか行動が一つあると、便利ですよね。いくつか挙げてみます。
だるさのレベルにもよるのですが、私の場合は「飲み物をいれて飲む」というのが一般的です。なるべくミルクをいれたり甘みがあったりするほうがご褒美感があってうれしいです。秋冬定番はミルクティー。夏はジュースとか、アイスココアとかですかね。暖かい飲み物のほうが、ゆっくり飲んでいる間に次すべきことをいろいろ頭の中で整理できるのでいいと思います。もうちょっと自分に甘くしたいときは「茶菓子も食べる」となおよし。がんばる理由にもなります。

あと効果的なのは、「今からすべきことを書き出す(アナログデジタルお好きなほうで)」だるいなーってときは、いろいろすべきことがまとまってないからだるいことが多いです。実際に、すべきこと、単純にしたいこと、その中でさらに今からできてすぐ終わること、後ででも全然間に合うこと、などを区別して整理すれば、今すぐ取り掛かれることが見えてきます。むしろ、ああこれだけやってしまえば、あとゆっくりしても罪悪感なくすごせるなって気持ちになってきます。今からすべきことが多くてうんざりしそうでも、その中での優先順位がわかれば、ここまでやったら休もう、などと考えることができます。
それと、冒頭に上げたとおり、「体温調整アイテムを使う」ですかね。夏なら冷やす、冬なら着込んだり温めたり。これは結構効果てきめんでしたね。

あとは、個々人で違うでしょうけど、「耳かき、つめきり」など、だらだらモードから別の、何か小さな日常行動を入れると、次の行動に移りやすくなる気がします。「その場(私の場合ソファ)を離れてトイレにいく」、なんてのも、単体では効果薄いですけど今まであげたほかの行動と組み合わせると気持ち切り替えに結構いいと思います。

以上、あくまで私の場合、をあげてみました。とはいえ、妊婦の身である以上、本当にだるいとき&それほど切羽詰ってないときであるなら、多少だらだらしても問題ないと思うので、あまり無理はしないほうがいいですね。

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー