サク読みブログ

趣味と育児と日常のキロク、福岡から。

出産レポその②~陣痛で病院にいったら脱ぎ履きが多くて大変!!~

出産レポその②。

先に出産レポその①と、前駆陣痛リアルタイム記録などをごらんください。

タクシーで夫と共に病院に向かったマルキョウ。なぜか運転手さんがいつもと違う道を通るのでかなり不安になる。が、運転手さんなりにショートカットしてくれていたみたいで、無事病院に到着。出産日は雨が降っていて、夫が傘をさしてその中にはいりつつ歩いて救急窓口にいったのですが、この時点で歩くの大変でした……滑りそうなので夫なりに支えようとはしてくれたのですが、下手に支えられるよりも結局、夫の肩を片手でつかんでいく男前なスタイルで歩くことに。(時間外だったので救急窓口から入っていったのです)
産科病棟までいき、まずは診察を~と診察室に通される。そこには立派な内診台が鎮座しておりまして、「ええ、またここで内診するの……?」と軽く絶望するマルキョウ。なぜって内診ってことはまたこの折角着替えてきた服をぬいで、座って~ってこの痛みの波のなかで無理!って思いました。けど内診しないことには陣痛室にいけません。しかもこの内診室、椅子がない!(外来の内診室にはあったのに)え、立ったままこのレギンスを脱ぐんですか?無理無理!(妊婦にとって立ったまま服を脱ぎ着するのは大変なことなのです。)どうしようもなく、内診台の上に座って着替えることに。着替えてから座ってくださいね~とかいわれたような気もしますが正直覚えてません。
そして内診。昼の時点での内診でも思ったんですけど、いわゆる臨月内診で子宮口ぐりぐりするのが激痛!っての聞きますが、私はそれほど……なんか「お、おお、大丈夫か?」って感じに結構ぐりぐりっとされる感じだけで。子宮口3センチくらい開いてますね~とのことで入院決定。
助産師さんにベッドのお部屋とたたみのお部屋どちらがいいですか?と聞かれ、「正直どうでもいいよ……」と思いつつ、「えーと……」といったら「ベッドですね、わかりましたー」との返事。聞き間違いですね。昔の英語ギャグにこんなんありましたね~(チケット何枚?って聞かれて、「えーと」っていったら8枚出てくるっていうやつ)とか思ってる余裕すらなく、はい、もうそれでいいです……とベッドの部屋に決定。
ひとまず陣痛室まで歩く。昼の診察のときみたいにすたすたとはもう歩けません。とはいえ短距離なのでなんとか歩けました。なんとなく薄暗い陣痛室。ベッドがある!やっと横になれる!と思ったらまさかの助産師さんからの一言。
「まず検尿してから、こちらのシートをつけてくださいねー」手には紙コップとお産用パッド。
え、またこのレギンスを脱いで……?しかしそれどころではないのでトイレにて検尿とお産用パッドをつける。このお産用パッド、後でもかきますがなかなかすごいやつなのですよ!生理用ナプキンみたいなものかなーと思ったらまさかの大きさ。キャンパスノートくらいかな?しかもふっかふかに分厚い。下着につけるもなにも、もう敷く、くらいの感覚。パッドの上から下着つける感じでやっとこさ履く。
この間にも陣痛の波は容赦なくきます。すでに5分くらいの間隔で痛みが来てました。痛みが去ってもすぐ動けるわけではないし、冬というのに汗かいて暑いわ、少しでも風くると汗冷えて寒いわ、もう体全体が大変です。
このときが6時すぎくらいでしたかね。こっから二時間程度、この痛みも体もめまぐるしく変わっていきます。

さらに続きます。

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー