サク読みブログ

趣味と育児と日常のキロク、福岡から。

子供と怒り感情の処理と虐待についての日記。

きょうはつかれたぞ……
マルキョウです。
久々日記めいたの書きます。

いつもの散歩、息子、帰りになって唐突に歩かない。
いつもどおり歩いて駅までいってきたのですが、なんか疲れてお腹がすいたせいか途中から歩かなくなりまして。そのくせ無駄に階段の昇り降りとかは頑張ってたんですけどね!(家とは逆方向の階段ですが;)
絶対抱っこで帰るマンになって地面に座り込む息子……ベビーカーはもってなかったので抱っこするしかない状況のかーちゃん……!そして場所はJR駅!

いつもどおり、抱っこはするけど抱っこゆらゆらするだけで歩きませんよー歩くなら自分で帰ってくださいー作戦をしてたんですが、きょうの息子はそれではきかず、抱っこ!おうちまで連れてって!を繰り返し続けました。
ここでわたしもすぐに気持ち切り替えて抱っこで帰ればよかったんですけど、結構いらいらしてきまして、口調もとげとげしくなってきました。
・おうち帰ったらごはんだよー
・おなかすいた人ー、おうちまで行こうか!
まではまあ何回も呼びかけました。
・歩いて帰ったらパパに内緒でみかんあげるよー
とか交換条件出したりもして、
・そっか、帰らないのか!まだ遊びたいのか!じゃあごはん遅れるけどいいのかな?
・おうちいかないとお茶ちゃもまんまもない!ここにいてもまんまいつまでも出てこないよ?
とか、小さい子にいっても通じない脅し文句に近いことまで言ってしまってました。自分でもイライラでなにいってるかわかってない感じ。

もーなんで歩いてくれないの!?抱っこで帰るなんてそんな甘えたこと、絶対してやんないんだから!

……ここまでくるともう幼児と同レベルですよね。子供と同レベルで怒ってたなと思います。

でもなんか途中からふっと悟りの境地になって、
「そうか、こいつもまだちっちゃい子供なんだし、甘えたいんだよね、多分本当にお腹すいて疲れてるんだよね、しゃーねーなー!もう!」
と気持ちを切り替えて、抱っこして帰りました。小一時間は粘ってたので、もっと早く抱っこして帰らせるべきだったなあ。
とはいえ、これで味を占められたら困るっていう側面もあったので(毎回散歩のたびに帰り全部抱っこで帰ってたら肩がもたない!!)粘る意味もあったかとは思いますが、ママのメンタルに結構ダメージでかかったわけです。怒るってつかれますもんね。

この経験からおもったこととしては、虐待ってこういう幼児と同レベルでの怒りから起こる可能性、十分あるなあということです。実際、途中の抱っこがちょっと雑になってきて、息子が一回転びかけたんですよね、うしろから。そんときひやっとして、ああこういう怒りのあまり雑な扱いになって怪我とかありうるんだなあと思いました。密室ならなおさら。

虐待って、まったくの遠い世界の出来事ではないなあと少し怖くなりました。

それともう一つ、子供と同じレベルにまで下がって怒っても、いいことなんもないなってことです。
子供なんてなんもわかってないガキンチョです、大人には意味わからんことで切れたり泣いたりする生き物です。それと同じレベルに下がって、意味わからん!ムキー!(# ゚Д゚)って怒っても、大人の存在皆無になって問題が解決しません。

言い方悪いですけど、子供にたいして多少上から目線っていうか、舐めている姿勢っているんだなあと思いました。喧嘩のときに、どっちかが大人にならないといけないって考えるとまた腹立たしいものがありますが、所詮相手は子供だし〜、と舐めきった姿勢を、心の中だけでもとっていると……ママの精神衛生上楽です。まあしょうがないか、という気分に自然となれます。
子供からすると軽く扱われてムキー!って感じなんでしょうけど、しょうがないよね(´・ω・`)早く大人になるしかないのだ。

そして抱っこで延々帰った結果、今現在、体へのダメージは深刻です……きょうはもう夕飯手抜きしてます。作り置きカレーです。
いいよねカレーおいしいから!!

夫が作ったので辛口。
もちろん息子は別メニューすよ。アンパンマンカレーです!

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー