サク読みブログ

趣味と育児と日常のキロク、福岡から。

圧力鍋かスロークッカーか。

あ、そうそう。

圧力なべがそろそろ壊れそうです。マルキョウです。

 

これはイメージです。 うちのは多分もっと古い。

 

たしか10年以上使っている、おもり式の圧力なべ。母がポイント交換でもらって、使わないからあげるわよーといわれて学生の私がもらい、使い続けていまやもう子持ち。

パッキンがゆるいしなんかぎざぎざしてきてます。圧力かけるたびにちょっとどきどき。

そして三人分作るには明らかにサイズも小さい。

よく作る鶏手羽元煮込みが一食分ぎりぎりくらいしかできない。煮込みには野菜たっぷりいれたいのに鳥手羽元でほぼほぼ埋まってしまう。せっかく作るんなら二食分は作りたい!!

 

買い替えよう……!

とひそかに決めました。

で、圧力鍋っていま色々あるんで、どうしようかなー片手鍋?両手鍋?容量はどんくらいにしようかな?とかネットでざざっとみていました。

 

そこで突然対立候補にあがってきたのがスロークッカー。昔料理動画漁りしているときに初めてしった調理器具なのですが、海外では結構ポピュラーな家電らしいですね。

電気の力でずーっと弱火でコトコト煮るお鍋のことです。一定の火加減で煮続けてくれるので、吹きこぼれなし。コンロも使わないのでキッチンコンロ少ない家庭でも使える。

具材を朝にポイポイいれて、夜には長時間煮込んだメイン料理ができあがるという、共働き家庭にうってつけの家電なのだそう。

うちは今のところ共働き家庭ではないけど、コトコト煮込みがつきっきりでなくても作れるのはいいなーと迷ってます。

 

 

 安価なあたりだとこの辺が気になってますね。安価なやつだと、意外と圧力鍋とお値段は変わらない。

 圧力鍋は、お鍋のなかを高圧にして調理することで、短時間で具材を柔らかくし上げる時短鍋なんですが、スロークッカーは、逆にじっくりコトコト煮込んで柔らかく仕上げる、究極のスローな家電なので、本当こちらの使い方次第だと思うんですよね。

 

 

 圧力鍋のメリットデメリット……短時間で柔らかい煮込みができる。ただしコンロを一口占領するうえ、仕組み的に多少コンロにつきっきりで調理する必要がある。高圧調理なので慣れてないと怖いかも。あと、調理後は冷めるまで中身を取り出せない。汁気多めの煮物になりがち。煮崩れしやすい(高圧で繊維がほぐれるから)。

 

スロークッカーのメリットデメリット……具材をいれたら完全ほったらかしで(タイマーは必要だが)調理できる。電気加熱なのでコンロたりなくっても調理可能。コトコト煮込んだ味が食べられる!ただし、仕込み時間が長いので、夕飯は夕方一気に作る派には不向き?あと場所をとりそう。多少煮詰まるから水分は減るようなので、味付けには慣れが必要そう。煮崩れはしにくい。

 

うーん、どうしようかなあ。

正直、普通のお鍋でコトコト煮続けるのも色々限界ってのととガス代かさむし、子供の急な要求に対応しづらいってのがあるので、やはりどちらかはほしい。

シャトルシェフっていう選択肢もありましたが、あれは熱々お鍋を保温鍋にいれて、予熱で火を通すという商品なので、なんとなく夏場は雑菌が怖いな……とおもってパス。

 

新しもの好きとしてはスロークッカー押しなんですけどねえ。

なんていうか最近、朝早くに外出して、かえってバタバタそこから料理準備して、ってのに疲れが出始めてきてるんです。

朝余裕ある時間に夕飯仕込みとかできたらできる主婦っぽいやん?とかおもったり。

でも朝に仕込みできなかったら夕飯詰むよねえ……という思いもあったり。

そもそもどこのコンセント使って煮込みすればいいのか。息子の安全対策はどうすればいいのか?

 

うーん、まだまだ迷っていると思います。

 

 

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー