サクッとありのままに書いてみる、うちのこと

統合失調症持ち福岡ママの、男の子育児と考えた事と時々ガンダム。

夜のケーキタイムに癒される。

ダイエット始めたがいいかな……早寝早起きして、生活サイクル改善しようかな!と思った矢先にケーキを買って帰ってくる夫(記念日とかではなく、普通に食べたかったらしい)。

これはなんの法則なんでしょうか、マルキョウです。

夜に食べるモンブランおいしいです。

 

でもケーキ食べてお茶してると、しぜんとスマホも見ないしゲームもしないので、なんか久々に夫婦でゆっくり話せた気がします。

 

Cakes

 ケーキの法則

突然ですがケーキ、お好きですか?

洋菓子店に売っているものでも、自分で作ったものでも、私は大好きです。

夫も甘いものが好きなので、結婚当初から時々ケーキを買って食べてました。

夫がうつになりかけのころも、ケーキを買ってました。

うつによる休職中で家計が苦しい時期も、ケーキを買って食べてました。

なんか、ゆっくり話したいというか、夫婦の時間がほしいな、ってときにケーキがあると自然といろんな話がでてくるんですよね、うちの場合。

やっぱり、甘いもの好きとしては、ケーキの箱がうちにあるだけでテンションあがるじゃないですか。せっかくのケーキだからってことで、早食いせずにゆっくり味わって食べるから、自然と笑みがこぼれるし、肩の力もぬけて、体の凝りもほぐれる気がします。

おいしいもの食べて悲しくなるばかはいないもんです。

逆においしいものたべて悲しくなってくるようなら、かなりメンタル危険信号だと思います。

 

恋人時代のお茶の時間習慣

もともと紅茶好きだったので、恋人時代にはよくお茶ふるまってました。あのころはちょっと頑張ってたなあ……茶器もいろいろ持ってました。学業や進路に迷う時期には、

「お茶、いれよっか?」

「お茶、ちょっといれてくれる?」

の一言でお茶の時間=お話しする時間を設けてました。お湯を沸かして、茶葉を選んで、ティーポットから二つのカップにお茶を注いで……大切な時間だったと思います。

とはいえ、夫も実はちょっと無理していたらしく、途中からお茶を飲むのは自分だけ、夫はココアを自分でいれる、っていう習慣に変わってしまいましたけどね。

夫はココア大好きなんですよね。ミルクココアはさっといれて、さっと飲めるので、恋人時代のようなお茶時間はなくなってしまいました。

そのお茶時間の代わりになっているのが、たまにあるケーキタイムなわけです。

お茶の時間の習慣は、形を変えていってますが、今も大事な時間です。

 

夫婦でなんてことない話をする時間は、とても大事。

ケーキタイムだろうが、お茶の時間だろうが、夫婦でゆっくり話をする時間ってのは必要と思うんです。

特に夫婦どちらかがメンタル落ち込みやすい場合。私のことですね!

夫婦ってのは結局のとこ他人なわけですから、時々2人の関係にメンテが必要と思うんです。子供の話でもいいし、なんてことない今日のニュースの話でもいい。とにかく、なんかお話しすること。

子供はさんでお話しするのも楽しいですが、それだけだと本当に……なんていうか心が乾くんですよね。もともとは夫という人と結婚したから、今こういう生活があるわけで、そこんとこ忘れちゃいけないんでないかなと思うんです。

たまにはスマホをちょっと横において、何気ない会話を楽しむ。

そんな時間、ありだと思います。

 

とりあえず、今日のモンブランおいしかったです。というお話し。

いいよ、毎日買ってくるわけでもないし、今日くらい。

 

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー