サク読みブログ

趣味と育児と日常のキロク、福岡から。

イライラが止まらない!そんなママにスロー育児のおすすめ。

前回、めっちゃ疲れてた……って記事を書いていたせいか各方面から心配のお声をかけていただきました。マルキョウです。

皆さんありがとうございますm(_ _)m

 

ちょっとですね、最近は調子いいんですよ。その理由は、スロー育児にあります。

育児はスピードとの戦い

二歳児の子育てしていると、あれしなさい!これだめ!はやくして!やめろ!どいて!と怒鳴ることばかり(;・∀・)まあ怒鳴ることが悪いことばかりではないと思うし、実際命の危険があるときは怒鳴らざるを得ないと思うんですよ。

でも、日常のちょこっとしたことにまで怒鳴ったり走ったりしていると疲れますよね(ー_ー;)

加えて、私早口で聞き取りにくい喋り方をすることが多く、疲れてくればくるほどスピードアップして聞き取りにくくなるたちなんですよ(よく夫から勘弁してよ……と言われる速さ)

だから、多分この怒鳴り、なんとなくかーちゃんが怒鳴ってるなーってくらいで言葉通じてないんだろうな(ー_ー;)とは感じていたのです。

 

だから、日常の所作を意識してゆっくりにしてみた。

 

おやすみ、ロジャー  魔法のぐっすり絵本

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

 

 

おやすみロジャーのおねむのカタツムリではありませんが(絵本の話です)、歩くのもゆっくり、しゃべるのもゆっくり、ゆっくり息をすって、はいて、そんな感じにしてみたのです。

といっても目の前でバタバタしている子供がいるとそうもいかないので、頭の中でそれっぽい人をイメージしてみました。

姫でもいいし、執事でもいい。なんかこう、エレガントな人をイメージして日常所作をしてみるわけです。

ちなみに私は、常にゆっくりしゃべってゆっくり人の話を聞く友人をイメージしました。

 

家事中、子供がうるさく読んでいるときにも、はいはい今行く今行く!待ってろー!!って怒鳴るんでなく、はーい、今野菜切ってるから、あと10秒待っててね~(*^_^*)という感じでエレガントに返すと、子供も意外とヒートアップしないんですよね。

そんで、10秒後に子供のところに行ったときも、ゆっくりスカートをはいているイメージでゆっくりしゃがんで、「どうしたのー?」と間延びした喋り方で話しかける。

喋り方も間延びした感じにゆーっくりするのがポイントです。まくしたてるよりエネルギー消費が少ないし、聞いてくれる率高い気がする。

いきなりうんちとか、おしっこもらしとかいてても、焦らず騒がず、そうかーおしっこしたのー、じゃあトイレ行こうかー、と力の抜けた対応。

 

意外と、体のちからをぬいて、呼吸もゆっくり、喋り方もゆっくりしていると、それほどカッカと怒りにくくなるんですよね。

まあいっかーという気持ちで大体のことは許せるし、いやいやでどうしようもないときも、困ったねーどうしようかなー……といっているうちにいい代替案が浮かんできます。

 

どの家庭にもあてはまるものではないだろうけど、たまにはママが力抜いてゆっくり育児なんてどうでしょう。

育児は結局、親がストレスなく、負担少なく、いつでもニコニコしているのが一番と思うんですよね。ニコニコできないときももちろんありますが……ふさぎ込みとかイライラが続くと矛先が子供にむかいがちなんで自己嫌悪ループが半端ない。

ということで、今日は何してもよ~し!な日を作ってみるのもいかがでしょうというお話です。子供のワガママだけでなく、親自身もわがまま、たまにはしてもいいんではないかなと。

一日くらい歯磨きうまくできなくっても、

一日くらい栄養バランスが悪いご飯でも、

一日くらいおもちゃ出しっぱなしでも、

一日くらい上手になんでもできなくっても、

 

トータルでうまく育って自立してくれればオールオッケーなんですから。

 

これ、自分に言い聞かせるつもりで書いてます(笑)

それではこの辺で。

 

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー