サク読みブログ

趣味と育児と日常のキロク、福岡から。

パパ大好き!な息子の話

育児の話書いてない!めっちゃ書きたいのに話したいことが多すぎておっつかないんです!マルキョウです。

いやー二歳半すぎて幼児ともなるとできることがだんだんふえて面白いですよね。

相変わらずしゃべりはまだまだではありますが。

 

数字への理解が進んでいる

日常的にカウントダウンすることが多い(あと10秒待ってーはよくやる)せいか、数字を結構覚えました。発音できているのは2,4,5,7,9,10。

「にー、しー、ご!にゃー、くぅー、じゅ!」って感じの発音。

10までの数字は一応理解しているっぽい。

 

食事のあとがかけっこ競争

まあごはんを時々べえーと出したり、そういう遊び的なことも増えてきたんですけど、今回着目したいのはごちそうさまのあと。

うちはキッチンからちょっと離れた居間で食事をとっています。

食事後は、ママが息子の食器とエプロンを、息子は自分のコップとスプーンフォークをもって、キッチンの流しまでダッシュします。そして流しまできたらん!ん!とコップ類を手渡しされます。そして手渡し(間に合わなかったら三角コーナーにぶん投げられる)直後、またダッシュでほかの食器を下げに走ります……

この食器を下げるお手伝いが早すぎて、小走りにしないとついていけません。

食べラーなどの瓶詰、マヨネーズやしょうゆなどは息子食事中に下げないと危険です。走ってキッチンまでもっていくのでこぼされるか遊ばれます。

 

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g

 

 

そんで全部片づけ終わったら、これまたダッシュで手を洗いに。最近泡タイプの石鹸を自分で使えるようになって手洗い精度が上がっている……!!けど、洗面所の電気スイッチに手が届かないので、これまたママがキッチンからダッシュで明かりをつけにいきます(当然食器類はぐしゃっと流しにたまったままであるが仕方がない)

手洗い終わったら、あわててテーブルをふいて息子用ミニテーブルを畳む(一人ではできないのでママが介助。ただしママが全部やると怒る)手伝い。息子の足元に敷いている新聞紙も自分でたたんでお手伝い。

いやーお手伝い助かる―!!

けど全部ダッシュでやるので毎回大変です。

ママと二人きりのごはんのときは、少しでも負担を楽にしたくって、先に食べ終わったときはママの食器だけは先にキッチンに下げに行きます(もしかして毎日これ見てるせいで、食器は自分でさげなきゃ!意識が芽生えたのかも?)。

パパがいると、

「まあ三人いるしどうにかなるやろー」

と食器をすぐに下げずにのんびりしてます。

 

実は、スマホをゆっくり見られる時間って、むすことのごはん時に、先にごちそうさました後くらいなんですよね~むすこ、食事中にたったりうろうろしたりはしない子なので、ごはん時が一番ゆっくりできる。

 

パパ大好き!

発語でパパがなかなか言えなかった息子。パパ、と言えるようになってから結構頻繁にパパー、パパ―、と甘えるようになりました。パパでれでれですよ。

パパと二人おでかけで買ってもらったおもちゃ(シンカリオン)は、遊ぶたびに

「パッパ!(に買ってもらったの!)」

と主張してきます。パパが新しい遊び方を教えても、それを真似するたんびに「パパ!」と主張するし、帰ってきたらダッシュでお出迎え。夕方ぐずぐずのときも「パパぁ……(と遊びたいのー)」とぐずるのでかわいらしい。

パパとの定番遊びはお父さんのぼりと、むすこの肩を夫の両腕で支えてもらってもちあげてからののひこうき遊び!(どちらも体を使った遊び……さすが体力あるなー)

 

ぼのぼの(1) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

ぼのぼの(1) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

 

 お父さんのぼりといえばぼのぼの。

 

ただし……お風呂あがりの着替えを手伝うのは絶対ママ!そこはいまだに譲りません。

パパは大好きだけど、ママの地位はゆるがないらしく、歯磨きの仕上げ磨きや、お風呂など、お世話系はママがいい!っていうときが多いです。あと泣いた後ぐすぐす甘えてくるのもママ。ママは安心感、パパはいっぱい遊びたい!って感じですかね。

 

 

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー