サク読みブログ

趣味と育児と日常のキロク、福岡から。

なんでも自分がするの!な二歳後半の息子。

いいニュースと悪いニュースがある。

どちらから聞きたい?

いいニュースから書こうか、マルキョウです。

ここ三連休でいろいろまた進歩しております。

 

自分の名前を言おうとしている

この三連休、久々にパパママ息子が昼間にそろったんですが、

「ママ!パパ!(息子名前)!」

と連呼していました。自分の顔を指さしながら、自分の名前を言おうとしています。

むすこの名前は、発音しやすい「あ」行と、「お」行が入っていないので、ちょっと発音が難しいようですが、三連休初日からすると大分うまくなってきてます。

おお、やっと自分の名前を言えるようになりつつあるのか……!!

なんか感慨深いものがあります。ママ、って言い始めるのは早かったけど、なかなか発音がうまくいってなかったもんなあ。

自分が食べる!とか、自分がやりたいの!ってときにしきりに自分の顔を指さしながら、自分の名前を連呼しています。主張がわかりやすくなってかーちゃん助かりますよ。受け入れがたい主張もままありますが……(ママが何気なくゴミを捨てたら、「自分で捨てたかったの!」とゴミ箱あさろうとしたりとか)

 

なんでも自分でやりたい。自分でやらないと癇癪起こすマン。

息子はごはんのときに新聞紙を引いたうえでミニテーブルを出して準備してから食べるのですが、この準備、後片付けを自分ですべてやってみたいようで、先回りして手出しすると癇癪を起します。

特にこの三連休、夫がうちにいたので、私が息子の手洗いについていっている間に食卓の片づけを夫がしようもんなら、もうぎゃん泣き。手が付けられなくなります。

テーブルは自分でふきたい!

ミニテーブル畳むのも自分でしたい!

テーブル下の新聞紙は自分で片づけたい!

これらどれかを大人がするともう烈火のごとくに怒ります。

かーちゃんと二人きりのときは気づかずに手伝わせていましたが、三連休中に、夫が手をだしたことで「ああこの作業は全部自分でしたいんだな」ってことがはっきりわかりました。

 

風呂入れまでの作業工程が変わった。

今までは通称ビクトリー作戦(両親どちらかが息子を風呂にいれている間におもちゃを片づけ、布団をしいておく作戦)が通用していたのですが、もう通用しなくなったようです。

 

www.sakuyomi.com

 

自分でおもちゃを片づけて、布団も自分で敷きたいようです。

というか、布団を自分で敷くのが楽しいらしく、ママパパどちらかがさっさと敷いてしまおうとするとすんごい怒ります。

我が家は寝室におもちゃを広げて遊ぶので、布団を敷く際にはおもちゃ片づけ必須。

なので、夜になったら

「ママ布団敷きたいんだけど、おもちゃさんつぶれちゃうから、おうちにナイナイしてくれる?」

と説得して、さり気なくサポートしつつ共に片づける手間が増えました。大人がさささっと片づけたくなるところを我慢しつつ、子どものペースに合わせます。

そして、布団を押入れから出して、大人用布団三組を寝室に隙間なく敷いてもらいます。

枕も息子がセッティング。掛け布団の配置も、ぬいぐるみ配置も息子に任せてます。ここら辺もゆっくり息子のペースに合わせます。早く寝かしつけてしまいたい気持ちはぐっと我慢。

 

寝かしつけの定番が変わった

寝る前の絵本読み、最近は毎日要求されます。

 

 

おきがえあそび (あかちゃんのあそびえほん)

おきがえあそび (あかちゃんのあそびえほん)

 

 

いいこでねんね できるかな (あかちゃんのあそびえほん)

いいこでねんね できるかな (あかちゃんのあそびえほん)

 

 最近買ったのですが、この二冊をよく選んできます。寝る前読むにはちょうどいい絵本ですよ。どちらも最後はねんねしておしまい、な絵本なので。

 

絵本収納は基本押入れの書棚に入れているのですが、お気に入りだけリビングにちょこっとおいてます。そこから一冊二冊くらい選んで、寝室にレッツゴー。

息子、自分の枕に横たわり、布団もかけて!と要求し、絵本受け入れ態勢が整ったらお話し開始。

寝室には昔もらったやわらかいオレンジ光のルームライト?的なものがあるので、それをスイッチオンにして、寝室の電気を消して読んでます。読み終わったらそのままねんね……かと思いきや、むくりと起き上がって、絵本を元の場所に戻しに行きます。律儀やな!

そしてまた寝室に戻って、ルームライト消して、真っ暗にして寝かしつけ開始。

近頃の寝かしつけはもっぱらママ担当です。パパ相手だとうれしすぎるのか、パパが本気で寝落ちしてしまっても息子は寝ません。

うちの息子寝かしつけは、親の寝たふり以外に作戦があまりありません。胸のあたりを優しくとんとん、とか、てをにぎってあげるとか、添い寝するとか子守歌とか、そういうのあんまりきかないんですよねー(;´・ω・)どうも体の一部に触れられていると眠りづらいようで、ほったらかしておくのが最も早く寝ます。

ママの寝かしつけのコツ、といえば、

「息子はもう寝たかな?」とか、

「早く寝てほしいなあ」とか考えないこと。

なんか伝わってしまう(というか呼吸が不自然になっているのがばれている)のか、焦るとますます寝ません。

ほかの考えに没頭していると大体いつの間にか寝てます。脳内で、読んだことある漫画を再生したりしてます。ブログネタを考えたり、一次創作ネタを考えたり、ウェブ上で見た話題について自分で考え直してみたり、そんな感じです。

あ、でも最近ママの肌に触れながら寝ること多くなってきたかも。ママの手を好き勝手にいじったあと、てを離して寝落ちが増えてます。

 

絵本読んで部屋真っ暗にしたあとにお話して!と言われることは本当に時々、って感じになりましたね。お話しして!もほとんど桃太郎一択になりました。

たぶん桃太郎は途中でお歌が(「もーもたろさん、ももたろさん、お腰につけたきび団子~♪のやつ」)入るから、それが楽しいんでしょうね。さるいぬきじと桃太郎の応酬を合わせて6回ほど同じメロディーを歌うのですが、地味にしんどい。

まあそんなわけで桃太郎はもうどんな眠い時でもすらすら語り聞かせ出来ます。

たまには違うお話しもしたいんだがなあ……

 

最近のおやつ

アンパンマンクッキーかキティクッキーが定番化しつつある。

ただテンションがあがりまくるおやつはビスコ。ママも大好きビスコ!

冷凍ホットケーキはそろそろ在庫が切れるのでまた作っておこうかなーと思いつつ、買ったほう方が早いってことでクッキー続きです。たまに果物。

こないだたわむれにホットケーキミックスで野菜ジュース入り蒸しケーキ作ったらえらく食べがよかったので、また今度作っておこうかな。

レシピとしては、ホットケーキミックスの袋の裏に書いてある通りの分量で、牛乳を野菜ジュースにチェンジして生地を作って、小さめのシリコンスチーマーに流し込んで、適当にレンチンしたもの。たしかうちの電子レンジでは600wで2分30秒くらいだったかな?つまようじさして生生地ついてこなければオッケー。

アツアツのうちに切り分けてラップでくるんでフリーザーバッグにいれて、冷凍しておけばまた別の日にも食べられます。なんだかんだホットケーキミックスは失敗がないので便利。

 

最近はこんな感じ。

 

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー